ホーム > Shadow Desktop

持ち歩きPCのセキュリティ対策ソフトウエア

Shadow Desktop|アール・アイ 

  • 月額
  • 年額
  • その他
  • 従量

Shadow Desktop|アール・アイ 

サービス料金

電子納品・注文書受領後2営業日

Shadow Desktop サブスクリプション
月額980円
年額11,760円
SDTMS、SDTYS
Shadow Desktop サブスクリプション クラウド付
月額1,980円
年額23,760円
SDTMSC、SDTYSC
My Location Option
月額300円
年額3,600円
SDTMSML、SDTYSML
Write Control Option
月額300円
年額3,600円
SDTMSWC、SDTYSWC
Backup Option
月額300円
年額3,600円
SDTMSBU、SDTYSBU
クラウドストレージ追加100GB
月額1,000円
年額12,000円
SDTMS100GB、SDTYS100GB
セキュリティと利便性の両立を可能にした新しい仮想化のカタチ
  • ポイント1

    ご利用中のPCをそのままデータレスな状態に

    Shadow Desktop Client をインストールすると、PC内のデータが自動的にクラウドへアップロードされローカルストレージから削除されます。使用するファイルはダブルクリックして開けば、自動的にクラウドストレージからダウンロードされキャッシュします。データの読み書きはこのキャッシュに対して行うため、新幹線や飛行機内などインターネット接続が困難な環境でも作業継続が可能です。PCのシャットダウン時にキャッシュは削除されます。

  • ポイント2

    操作感が変わらない為ユーザー教育不要

    Shadow Desktopをインストールしても見た目や使用感は変わりません。
    ユーザーディレクトリーのデスクトップ、ドキュメント、ピクチャー、ダウンロードフォルダ内にあるデータをすべてクラウドで保管しますが、データの編集、閲覧などクラウドを意識することなく活用できます。
    シングルサインオンなので、Shadow Desktop Client の起動操作も必要ありません。

  • ポイント3

    低コストなのでどんな企業にも最適

    一般的な仮想デスクトップサービスは、サーバー上に複数の仮想PCを作り処理結果をPCに画面表示させるため、ハイパフォーマンスなサーバー導入が必要となり諸経費が高額になります。
    しかしShadow Desktopはサーバーレスでの構築・運用が可能な為、コスト面でVDIを見送ってきた企業様にも低コストでVDIと同等のセキュリティを確保することができます。

紛失、盗難時は遠隔操作でデータへのアクセスを遮断


PCを紛失、盗難されてしまった際も管理コンソールから遠隔操作でShadow Desktopの利用停止およびPCにキャッシュされたデータの削除ができます。ユーザー単位の停止だけでなく、端末単位の停止も可能なので情報漏洩を阻止しながら作業継続することができます。

 

その他オプション機能


マイロケーションオプションを利用することで、普段オフィスで利用しているPCと違うPC上で、いつもと同じ作業環境を再現することができます。
ライトコンントロールオプションを利用することで、仮想対象ディレクトリ以外へのデータ書き込みを制御し、USBメモリやCドライブ直下などへのデータ書き込みを禁止できます。
バックアップオプションを利用することで、最大99世代までファイルの世代管理が可能になります。

ShadowDesktop ShadowDesktop

Shadow Desktop

株式会社アール・アイ へのリンク

Shadow Desktopについては下記より

お問い合わせ

iKAZUCHI(雷)INFORMATION & CONTACT

ご登録済みの方はこちら

  • DIS Partner Center for Microsoft 365
  • 韋駄天
  • DIS わあるど
  • PC-Webzine