ホーム > デジタルアーツ m-FILTER@Cloud

新世代の標的型攻撃対策

m-FILTER@Cloud|デジタルアーツ

  • 月額
  • 年額
  • その他
  • 従量

m-FILTER@Cloud|デジタルアーツ

サービス料金

初月無償
※ご注文時はiKAZUCHI(雷)で必要情報の入力が必要です。

初期費用
無償
m-FILTER@Cloud(10~)1ライセンス
月額500円
年額6,000円
m-FILTER@Cloud  MailFilter&AntiSpam(10~)1ライセンス
月額400円
年額4,800円
m-FILTER@Cloud誤送信対策版(10~) 1ライセンス
月額300円
年額3,600円
クラウドメールの利用におけるセキュリティ課題を
「m-FILTER@Cloud」で解決
  • ポイント1

    攻撃・漏洩対策

    メール受信による社外からの攻撃と、誤送信などによる社内からの情報漏洩の両方をカバー

  • ポイント2

    統合レポート画面表示

    統合レポート画面によりWebとメールの利用状況も一画面内で表示可能

  • ポイント3

    最短3ステップ

    サーバー不要はもちろんのこと、最短3ステップで設定可能

「m-FILTER」をクラウドサービスとして提供


最新版の「m-FILTER」Ver.5がサーバーレスで利用できるようになりました。

 

「安全なメール」だけを送受信する仕組み


・「m-FILTER@Cloud」では、IPアドレスとドメインを組み合わせた独自のDBを活用した送信元の偽造判定や、「本文」「添付ファイル」の偽装判定を行い、安全なメールのみ受信させます。

→また「i-FILTER@Cloud」と連携することによって「本文」または「添付ファイル」内のURLをカテゴリ判定し危険なURLの場合アクセスをブロックします。

・偽装したパスワード付きZIPファイルを利用した攻撃メールにも対応が可能です。

 

多彩な誤送信対策で内部からの情報漏洩を対策


「m-FILTER@Cloud」は、メールの誤送信や添付ファイルのパスワード忘れを防止します。
→社外送信だけを一定時間保留したり、添付ファイルをZIP形式に自動で暗号化する機能で、万が一のメール誤送信の際も、メールや添付ファイルからの情報漏洩を防ぐことが可能です。

また、ファイル暗号ソリューション「FinalCode@Cloud」との連携でPPAP対策も可能です。

 

統合レポートにより、一目でWeb・メールのリスクを把握


Webとメールからのマルウェア感染や情報漏洩対策がより強固になり、多層防御対策費用や従業員の教育費用の削減を実現いたします。

 

サーバー不要・初期設定済みですぐに運用開始可能


企業規模に関係なく、コストや工数を抑えて手軽に導入することができます。
→よく使われる機能を設定した状態でご提供します。

5分で分かるm-FILTER@Cloud

おすすめ記事・サービス

デジタルアーツ m-FILTER@Cloud については下記より

お問い合わせ

iKAZUCHI(雷)

ご登録済みの方はこちら

  • AMEMIYAさんが「ホンモノのリモートワークはじめました」
  • マーケットプレイス
  • 導入ガイド|ご提案ツール
  • Webinar・セミナー案内
  • 韋駄天iKAZUCHI(雷)ページへ
  • 動画で解る!iKAZUCHI(雷)サービス
  • アマゾン ウェブ サービス販売支援サイト
  • iKAZUCHI Payment Collection(代金回収代行)
  • 新型コロナウイルス感染症対策特設サイト