ホーム > iKAZUCHI(雷) INFO > 【ウェビナー】昨今の脅威から考える AWS/Azureユーザーが行うべきセキュリティ対策とは?

【ウェビナー】昨今の脅威から考える AWS/Azureユーザーが行うべきセキュリティ対策とは?

2021年05月28日
【ウェビナー】昨今の脅威から考える AWS/Azureユーザーが行うべきセキュリティ対策とは?

【ウェビナー】昨今の脅威から考える AWS/Azureユーザーが行うべきセキュリティ対策とは?

開催日時:2021/06/04 14:00~15:10

対象:販売店様向け

会場:Webセミナー(Cisco Webex)※申し込み後、別途URLをご案内致します

●タイムスケジュール

14:05~ DISが提供するマルチクラウドとセキュリティ ダイワボウ情報システム株式会社

14:20~ クラウドセキュリティのニーズを満たす「Cloud One」 トレンドマイクロ株式会社

>> Trend Micro Cloud One のiKAZUCHI(雷)BIZページはこちら!

 

▼ 主旨・概要

2021年も深刻な脆弱性の公表やそれを悪用したサイバー攻撃が確認されており、企業の脆弱性対応は依然大きな課題となっています。一方で責任共有モデルにより、AWS EC2やAzure VMにおけるIaaS上のサーバにおいても脆弱性対策が求められています。
本セミナーではAWS/AzureなどのIaaS(仮想マシン)環境における「基本的な脆弱性対応の考え方」から、「昨今公表された深刻な脆弱性」および「脆弱性対策製品」について分かりやすくご説明いたします。
最近どのような脅威が猛威を奮っているのか、セキュリティ対策商材の提案ネタが欲しいという方は、ぜひご参加ください。

 

\ セミナーお申し込みはコチラより 

https://www.idaten.ne.jp/ev/25129

to topiKAZUCHI(雷) INFOトップへ

iKAZUCHI(雷)

ご登録済みの方はこちら

  • マーケットプレイス
  • 導入ガイド|ご提案ツール
  • Webinar・セミナー案内
  • 韋駄天iKAZUCHI(雷)ページへ
  • 動画で解る!iKAZUCHI(雷)サービス
  • アマゾン ウェブ サービス販売支援サイト
  • iKAZUCHI Payment Collection(代金回収代行)
  • ホンモノリモートワーク
  • 新型コロナウイルス感染症対策特設サイト