ソフトウェア販売の推移

 ソフトウェアサービスの提供は、必要な本数をパッケージで調達する方式から、大量導入に適したライセンス方式へ。更に、セキュリティソフト等のように常に最新状態を保持する為に、継続的な契約を行うサブスクリプション方式へと、次々に新たな方法が提供されてきました。
 中でもサブスクリプション方式は、近年「自動更新型」「従量課金型」「月単位での増減」と方式のルールが多様化してきています。 提供されるサービスもセキュリティ・デザイン・設計・オフィスアプリケーションなど多岐に渡り、多くのサービスがサブスクリプション方式に変わりつつあります。

ソフトウェア販売の推移 ソフトウェア販売の推移

このように多様化した購入方法に対し、全ての販売・契約管理を行っていく事は容易ではなくなってきました。今後は、複雑化した顧客のライセンスと請求管理をどのように行うべきかが課題となってきます。